おうち時間が好きになる「好きなもの」のお片付け

外出自粛となって二度目の週末ですね。
いつでも自由にお出かけできる時は家でダラダラしていたりするのに、
「外出を控えなきゃ!」となると何となくストレスになる。
人間の心理というのはおもしろいものですね。

それはともかく、
やっぱりどんな状況でも楽しめる自分でいたいと私は思うのです。
せっかくおうちで過ごすのだから、ゆったりと気持ちよく、ほのかに幸せを感じるようでありたいですよね。

そこで提案したいのが、お片付けです。

夢中で片付けや掃除をしていると、雑念がどんどん抜けていって、
いつの間にかスッキリしているものです。
(という経験、けっこうたくさんの人がしていますよね)

これは、禅の修行の作務にあたるんです。
禅寺に行くと、雲水さん達が庭掃除などを黙々としているのを見たことはありませんか?
雑念から離れて無になるには、私などは坐禅よりも作務の方がずっといいな!などと思うのです。

ともあれ、おうちがスッキリする頃には心もスッキリしています。
空気もきれいになって、家の波動もあがります。
快適に感じると免疫力もアップしてきて、本当にいいことばかりです。

お片付け効果を最大限にするコツは、不穏な報道が満載のニュースからちょっと離れて、少なくとも半日くらい、アナログに過ごしてみること。

たまには、自然の音に耳を傾けてみるのもいいものです。
かすかに聞こえてくる町の音、時々やってくる鳥の声、小さな子どもの声、びゅうっと吹き付ける風の音、さらさら降り出した雨の音・・・。

「近くに高速道路があって、とてもそんな気分になれない」という人は、大好きな音楽をかたっぱしからかけていくのも楽しいですね。

お片付けには、いろんな順番があると思うのですが、
私は「好きなものから始める」というのもアリだな、と思っています。

コレクションしているものとか、大事にしているものとか、なんでもいいのです。
「触れていると嬉しくなるもの、小さな幸せを感じるもの」
ここに鍵があるんです。もうすでに心の波動が上がります。
好きなものを綺麗に整理整頓できたら、その周辺も片付けていくと、その「好きなもの」たちは、ますます素敵に見えてきます。

ここでやめてもいいと思います。
まだ余力があって、「せっかくなら部屋全体を」と思うなら、どんどん続けていくといいですね。
そうして、きれいになったお部屋で、とっておきのカップでお茶をいただく時間は、まさに至福というほかありません。

私の「好きなものお片付け」は、なんといっても本棚。
大きな本棚が4竿もあるのに、毎月何冊も買うので、たちまちあふれてしまいます。
そこで、この段だけはきれいにしておこう、というコーナーを決めておいて、ちょっと乱れた時は、そこから片付けていきます。
まあ、根本的にお片付けがさして得意ではない私なので、この程度で満足しているのです。
安心しました?(笑

画像1

それから、食器棚。
お台所につくりつけの食器棚には、よく使う和食器を入れていて、
リビングの大きな食器棚には洋食器や茶器を入れています。
お台所の食器棚のものは使用頻度が高いので、どうしても乱雑になります。
そこで、ちょこちょこっと片付けておきます。

それも、この程度。安心しました?(笑

画像2

完璧を目指さないというのも、おうちでのんびりするコツかも知れません・・・という言葉は、私の場合、いいわけにしか聞こえませんが、
まあ、自分の家くらい、自分のものさしでよいではないですか。

それより、さ、お茶をしましょ。
今日はとっておきの紅茶にしようかな。

にほんブログ村 本ブログへ


おうち時間が好きになる「好きなもの」のお片付け” に対して1件のコメントがあります。

  1. 小椋重子 より:

    女子の教養を読んでいます
    1946年生まれ、1941年生まれの夫とのんびり田舎暮らししてます
    子供は二人とも女子、50歳、46歳、しつけが良くできたとは思っていませんが
    良き伴侶に恵まれて都内で普通に生活しています
    男子の孫は大学生になれたのに入学式も授業も映像だそうです。
    コロナ感染防止の為、東京とも行き来我慢中です
    非常時に備えた生活品が役に立っており、スーパーに殺到することもないだけ
    感謝して暮らしているこの頃です
    本棚を片付けたり、日頃手抜きしていたお掃除したり、1日も早い収束を
    願っております
    先生の本棚の一部、私の興味に似た書物発見しニンマリしています
    今後もお元気でご活躍下さいませ

  2. mariko より:

    小椋重子さま
    ご丁寧なコメントをどうもありがとうございます。
    今年卒業・入学の学生さん達は大変だし、親御さんも、御祖父母さんも、お寂しいことだろうなぁと思っておりました。
    今はとにかく、大混雑を避けなければならない時ですが、私が急用で都内に出ました時には、ずいぶん空いていてビックリ、同時にちょっと安心しました。
    お人の本棚は、つい興味を抱いてしまいますね。私も同じ本を見つけて嬉しくなったりすること、あります^^
    これからもどうぞよろしくお願いいたします。

  3. may kwon より:

    アンニョンハセヨ!
    youtubeで偶然動画を見てここまで来ています。
    日本の和について興味がありますが、韓国人の私にはまだまだ分からない世界という感じです。
    コロナウイルスで外出できない中、自分で心地いい環境を作ろうとしています。
    これからは石川真理子さんのサイトを見ながら色々教えていただきたいと思います。
    それではよろしくお願いいたします。

  4. mariko より:

    アンニョンハセヨ!
    韓国からご覧くださっているなんて、とっても嬉しいです。カムサハムニダ♥
    外出できないことをクヨクヨするより、今、この状況をどれだけ楽しめるかな?
    そんなふうに受け止めていく方が、きっと素敵な時間を過ごすことが出来ますね。
    人生は一日一日の積み重ねなので、その一日を、できるだけ素敵なものにできたほうがいいですよね!
    これからは、物質的な満足より、心が満足する「過ごし方」が、より大事になると思います。
    一緒に考えていきたいですね^^ これからもどうぞよろしくお願いいたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。