「気」が新たになる節分。新たな心、新たな自分をイメージして福を呼びましょう

今日は節分ですね。

今日は節分ですね。

気学の世界では2月4日の立春を「新年」とします。
この日から、その年の「気」が本格的に流れ始めるのです。
ということは、節分は「大晦日」のようなもの。

家中をきれいに掃除して豆まきをするのは、一年の邪気を払うためなのです。
近ごろは大阪の風習だった恵方巻きも全国に広まりましたね。
(でも、これってあまり古くからあるものではないようです。わたしは関東の人間なので、やっぱり豆まきだなぁ)

季節の変化がはっきりしている日本で生きる人々は、自然と寄り添い、その変化を受け容れ、さらにそこに智恵を加えることによって命を繋ぐ術を見いだしていきました。
節分の行事も科学的見地だけでは解明しようのない叡智が込められているのでしょう。
時には理屈を求めず無条件で信じるのもよいものです。

さて、まずは「今日は大晦日」という気持ちになってみましょう。
一年(いえいえ、たとえ一ヶ月だって)いろんなことがありますね。
いいことも、そうでないことも。
心静かに身に起きた出来事を、ひとしきり振り返ってみましょう。
そして、もういいかな、と思ったところで、ふぅー・・・・っと下腹から息を長く長く吐きます。

これで、心を新たに、自分を新たにする準備がほぼ整いました。
できれば豆まきをしたり、お詣りをしたりするといいですね。さらに気持ちが引き締まり、「新たな気」を取り込むことが出来ますから。

ここでいきなり一句思いつきました。

春立ちぬ 心新たに 我立ちぬ

きっとよいことがありますよ。
気持ちの良い笑顔で節分・立春を過ごしましょう。

写真は、熱海の「伊豆山神社」の神池です。
縁起の良い黄金の鯉が写りましたので、みまさまにも福分けです。

気学の世界では2月4日の立春を「新年」とします。
この日から、その年の「気」が本格的に流れ始めるのです。
ということは、節分は「大晦日」のようなもの。

家中をきれいに掃除して豆まきをするのは、一年の邪気を払うためなのです。
近ごろは大阪の風習だった恵方巻きも全国に広まりましたね。
(でも、これってあまり古くからあるものではないようです。わたしは関東の人間なので、やっぱり豆まきだなぁ)

季節の変化がはっきりしている日本では、自然と寄り添い、その変化を受け容れ、さらにそこに智恵を加えることによって命を繋ぐ術を見いだしていきました。
節分の行事も科学的見地だけでは解明しようのない叡智が込められているのでしょう。
時には理屈を求めず無条件で信じるのもよいものです。

さて、「今日は大晦日」という気持ちに、まずはなってみましょう。
いろんなことがあります。
いいことも、そうでないことも。
心静かに身に起きた出来事を、ひとしきり振り返ってみましょう。
そして、もういいかな、と思ったところで、ふぅー・・・・っと下腹から行きを長く長く吐きます。

これで、心を新たに、自分を新たにする準備がほぼ整いました。
できれば豆まきをしたり、お詣りをしたりするといいですね。さらに気持ちが引き締まり、「新たな気」を取り込むことが出来ますから。

ここでいきなり一句思いつきました。

春立ちぬ 心新たに 我立ちぬ

きっとよいことがありますよ。
気持ちの良い笑顔で節分・立春を過ごしましょう。

写真は、熱海の「伊豆山神社」の神池です。
縁起の良い黄金の鯉が写りましたので、みまさまにも福分けです。

画像1

「気」が新たになる節分。新たな心、新たな自分をイメージして福を呼びましょう” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    小野泉です。黄金の鯉ありがとうございます。立春ワクワクしますね。ついつい丹田に意識するのを忘れてしまってよーし頑張るぞー。

  2. mariko より:

    泉さん、おはようございます。今日から「新年」ですね!今年も良き年となりますように。身に起きたことの多くを、自分の益にすることができたら、もうそれで「幸運」ということになりますね。私も心新たにがんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。