日々是好日

「今日は佳い日であった」とか「いやな一日であった」などと決めているのは誰なのでしょう。

 その時は「いやな目に遭った」と思っても、後々になって「あの出来事があったおかげで」と思えるようになることはいくらでもあるものです。

 心を拡げて物事を長い目で見る癖をつけてみましょう。
 たとえいやだと感じても、「これにはきっと意味があるに違いない」と受け止め、否定的な感情から一歩でも二歩でも離れてみるのです。

すると心が揺れ動くことが少なくなります。

 みずから心を躾け、このような思考法を根づかせることによって、たいていのことは受け入れられるようになり、だんだんと「身に起きることはすべて佳し」と思えるようになっていくものです。

 我が身に起きる出来事は、どんなことであろうともすべて天からの尊い贈り物であり、その都度、幸せになるために必要なステップを踏むことができるよう導かれているのです。それが実感できるようになれば、もはや「いやな日」などはなくなり「好日」ばかりになっていくことでしょう。


 心を拡げ、落ち着いた長い目で物事を見る。変化の激しい時代だからこそ、このような心眼を日々育てていきたいものです。





にほんブログ村 本ブログへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。