独立記念日



11月16日は
私の独立記念日です。

大家族で育った私が、齢五十にして初めての独り暮らし。

引っ越しは、とにかく大変でした。
いろんな意味で・・・


たった一人、80箱を越える段ボールと格闘し
どうにかこうにか片付けて迎えた朝は、透明な光に満ちていました。
インスタントのカップスープと、ミルクティーと、マフィンの
ごく簡単な朝ごはん。
吐く息が白かった。

ハチミツは、引っ越し前、11日に岩川で買ったもの。
こんなドタバタのなかでも
芙蓉部隊の慰霊祭に行ったのです。


引っ越して三日目、駅前のお花屋さんで買ったシクラメンです。
自分以外に、何か「生きたもの」の気配を感じたかった。

赤とか、ピンクとか、明るくて元気な色にするつもりだったのに
結局、選んだのは、真綿のように真っ白なシクラメン。




あの日から、まる三年。


無我夢中の日々でした。

もちろん今だって、無我夢中ですけれど・・・。

三度目の独立記念日を節目に
また新たな一年間が始まります。

石の上にも三年。

十月終わりに右足の指を骨折したのは、
さあ、ここでいったん、「脚下照顧」
基本に立ち返って、足下を固めていく大切さを
確認するためだったのかもしれません。






にほんブログ村 本ブログへ


にほんブログ村

独立記念日” に対して1件のコメントがあります。

  1. 小野泉 より:

    ありがとうございます✨仏教にはいい言葉がたくさんありますね。本当にありがとうございます明日は大安です

  2. 辻 慶樹 より:

     独立記念日

     いいですネ‼️

     Good bye=二つになる事はいい事=自立

     第一次南極越冬隊員の菊池徹先生は(理学博士、
    映画「南極物語」の高倉健扮する潮田隊員のモデル)
    長い間のバンクーバー生活で、教えてくれました。
    (日本に来られる時、関西では私がご案内させて頂いていて親しく交流)

    グッドな明日を祈っています。

  3. mariko より:

    辻さん、ありがとうございます!人生は前にしか進めない、前向きにしか生きられない・・・というのが私の心情です。ひとつ役割を果たして、次の次元に上昇しました。そして今も、上昇し続けています。次のステージが来ているようです。

  4. mariko より:

    小野さん、ありがとうございます。何気なく使っている言葉でも、仏教からきたものが多いですね。たとえば「挨拶」なども・・・。
    明日は大安!?そうでしたか!ありがとうございます!!三年目のその日が大安吉日だなんて、すごく嬉しいです。新たなスタートを切ります!

  5. 細田 利之 より:

    独立記念日、あえて「おめでとうございます」と言わせて頂きます。
    それにしても、もう3年になりますか。
    月日が経つのは早いですね。

  6. mariko より:

    細田さん、ありがとうございます。ほんとうに、あっという間でしたが、あまりにも多くの出来事に満ちた濃密な日々でした。まるで5年くらい経ったような気もしています。これからもしっかりと天と自分を頼りに生きて参ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。